村の人も、観光客も元気になる“軽トラ屋台村”をつくりたい!

4X9A0299.jpg

提案者:西粟倉村役場 産業観光課 白籏佳三さん

「百年の森林構想」を掲げ、林業の村として知られてきた西粟倉村。村にある道の駅には観光バスに乗った観光客がやってきますが、村内にはご飯屋さんや買い物ができる場所は少なく、そこから先に足を踏み入れる機会は残念ながら少ない状況です。また、地元の特産品は多くはなく、お店の営業時間が短かったりと、外からお金を落としてもらえる機会自体限られています。

そのような状況の中、「むしろ観光の目的地になるような、軽トラ市や屋台村を村内につくりたいんです」と産業観光課の白籏さんは語ります。「様々な分野で活躍する移住者が増えていますし、自宅で野菜をつくっていたりする地元民も出店できるといいと思います。高い自由度と最低限のルールがあって、出店者同士で切磋琢磨し、最初は儲からないかもしれないけれど、頑張った人のサービスや商品がだんだんと売れていく。テントを張るなど一から準備するのは大変ですが、軽トラに必要なものを乗せてきて終了したらそのまま帰るのであれば、出店しやすいと思います。村の人は軽トラを持ってますし、移住者の方にはぼくが軽トラを安く仕入れる方法を教えます!役場職員でなければ、自分で出店してみたいくらいなんですけどね(笑)。」

4X9A0265.jpg

西粟倉村は他の田舎と同様に、高齢化の進んでいる地域です。30-40代は子育てで忙しい。50‐60代が楽しくお小遣い稼ぎできる場にもなれば、年を取るのが楽しくなるし、村の雰囲気がもっと活気づくと白籏さんは考えています。接客する中でお客様との会話から新しいアイディアが生まれたり、村外の軽トラ市や屋台村を見に行って刺激を得たりするきっかけになるかもしれません。

「カレー屋や日本酒バーが定番であって、季節ごとに変わっていくお店や商品もあったら楽しいですよね。村内には夜にお酒が飲んだり、ご飯を食べられるお店が少ないですから、村内外の居酒屋難民・夜ご飯難民が集まる場所としても可能性があると思います。」そういきいきと語る白籏さんの表情からは、本当は自分もやってみたいことが伝わってきます。ゆくゆくは、道の駅から川沿いにずっと連なる「軽トラ屋台村」が村の名物となり、村内外の人々でにぎわうようになるかも。あなたも一緒に軽トラ屋台村プロジェクトに参画しませんか?

こんな人に来てほしい!

  • 企画プロデュースが好きな人

  • ぐいぐいとすぐに実行できる人

  • 愛嬌があって周囲を巻き込むことが得意な人

  • 人生における次のチャレンジのために、テストマーケティングがしたい人

  • 軽トラ屋台村を活用してお小遣い稼ぎをしたい人

こんなことしてほしい!

  • 軽トラ屋台村の企画運営

  • 軽トラ屋台村への出店

  • 他地域の軽トラ市や朝市、屋台村の情報収集

私ならこんな協力ができます!

  • 軽トラを安く仕入れる方法を教えます

  • 僕も老後の稼ぎの方法として考えたいので、ビジネスパートナーとして一緒に頑張りましょう!