村の人も、観光客も元気になる“軽トラ屋台村”をつくりたい!

4X9A0299.jpg

提案者:西粟倉村役場 産業観光課 白籏佳三さん

「百年の森林構想」を掲げ、林業の村として知られてきた西粟倉村。村にある道の駅には観光バスに乗った観光客がやってきますが、村内にはご飯屋さんや買い物ができる場所は少なく、そこから先に足を踏み入れる機会は残念ながら少ない状況です。また、地元の特産品は多くはなく、お店の営業時間が短かったりと、外からお金を落としてもらえる機会自体限られています。

そのような状況の中、「むしろ観光の目的地になるような、軽トラ市や屋台村を村内につくりたいんです」と産業観光課の白籏さんは語ります。「様々な分野で活躍する移住者が増えていますし、自宅で野菜をつくっていたりする地元民も出店できるといいと思います。高い自由度と最低限のルールがあって、出店者同士で切磋琢磨し、最初は儲からないかもしれないけれど、頑張った人のサービスや商品がだんだんと売れていく。テントを張るなど一から準備するのは大変ですが、軽トラに必要なものを乗せてきて終了したらそのまま帰るのであれば、出店しやすいと思います。村の人は軽トラを持ってますし、移住者の方にはぼくが軽トラを安く仕入れる方法を教えます!役場職員でなければ、自分で出店してみたいくらいなんですけどね(笑)。」

4X9A0265.jpg

西粟倉村は他の田舎と同様に、高齢化の進んでいる地域です。30-40代は子育てで忙しい。50‐60代が楽しくお小遣い稼ぎできる場にもなれば、年を取るのが楽しくなるし、村の雰囲気がもっと活気づくと白籏さんは考えています。接客する中でお客様との会話から新しいアイディアが生まれたり、村外の軽トラ市や屋台村を見に行って刺激を得たりするきっかけになるかもしれません。

「カレー屋や日本酒バーが定番であって、季節ごとに変わっていくお店や商品もあったら楽しいですよね。村内には夜にお酒が飲んだり、ご飯を食べられるお店が少ないですから、村内外の居酒屋難民・夜ご飯難民が集まる場所としても可能性があると思います。」そういきいきと語る白籏さんの表情からは、本当は自分もやってみたいことが伝わってきます。ゆくゆくは、道の駅から川沿いにずっと連なる「軽トラ屋台村」が村の名物となり、村内外の人々でにぎわうようになるかも。あなたも一緒に軽トラ屋台村プロジェクトに参画しませんか?

こんな人に来てほしい!

  • 企画プロデュースが好きな人

  • ぐいぐいとすぐに実行できる人

  • 愛嬌があって周囲を巻き込むことが得意な人

  • 人生における次のチャレンジのために、テストマーケティングがしたい人

  • 軽トラ屋台村を活用してお小遣い稼ぎをしたい人

こんなことしてほしい!

  • 軽トラ屋台村の企画運営

  • 軽トラ屋台村への出店

  • 他地域の軽トラ市や朝市、屋台村の情報収集

私ならこんな協力ができます!

  • 軽トラを安く仕入れる方法を教えます

  • 僕も老後の稼ぎの方法として考えたいので、ビジネスパートナーとして一緒に頑張りましょう!

「私たちも、ラーメンが食べたい。」

n-theme-2_01.jpg

提案者:西粟倉村役場の皆さん

「村民の切なる願いとしてラーメン屋が欲しい・・・」そう話すのは、西粟倉村役場の皆さん。
多くの西粟倉村民は、週末に周辺地域への買い出しに行き、一週間の予定を立てるものの、木曜日や金曜日になると食材が足りなくなることもしばしば。
でもサクッと食べに行くことが出来ない・・・。共働きの夫婦やローカルベンチャーの方も夜まで働いて、「今日は軽く食べてから帰りたいな」が出来ない・・・。

そんな時、真っ先に思い浮かぶのがラーメンだ。
白い湯気があたりの景色を歪ませて、独特の匂いが周囲に蔓延する。
お腹が空いたときに、その匂いを嗅ぐだけで思わず近づいてしまう。

n-theme-2_02.jpg

ラーメンのことを考えるだけでワクワクする。
そこに餃子とビールも追加して…と、考えただけでワクワクが止まらない。
私たちは両手をあげて、ラーメンを愛する気持ちを持った方を募集します。

 

こんな人に来てほしい!

  • ラーメンが好きな人

  • ラーメンを愛している人

  • 人が気楽に入れる場所をつくりたい人

 

こんなことしてほしい!

  • 全国のラーメン屋を回って食べ歩きリサーチ

  • 西粟倉にあったラーメンを作って欲しい

  • ラーメンについてブログなどで情報発信

  • 片田舎から全国制覇するラーメン屋!

西粟倉を美味しく食べる。

n-theme-9_02.jpg

提案者:西粟倉村役場 産業観光課 萩原勇一さん

「自分で作っているもので稼いでるおじいちゃんは、やっぱり元気なんですよ!」そう語るのは、産業観光課の萩原さん。そんな萩原さんが地域のテーマとして掲げるのは「西粟倉を美味しく食べる。」です。
自分の作っているものに誇りを持っていて、それを誰かに食べてもらうことで喜ぶ生産者は西粟倉にたくさんいます。その代表であるおじいちゃんやおばあちゃんにとって、肥料や農薬は重たくて重労働なので、運ぶのも使うのも一苦労。その為、一つ一つ雑草を抜き、虫を取った結果、オーガニックな野菜ができているんです。

n-theme-9_03.jpg

ただ、そんなおじいちゃんやおばあちゃんが作ったものを誰かに届ける「場所」がない。「方法」もない。
そんな実情を変えて、西粟倉の農作物をコーディネートし、その生産者の方々にも元気になってもらう。そんなテーマを一緒に研究する方を募集しています。

萩原さんが総務課税務係に所属していた当時、地域のおじいちゃんやおばあちゃんの中で、とても稼いでいる方がいることを発見しました。
当時は西粟倉の野菜や加工品が旬の里や道の駅あわくらんどに沢山置かれていました。きっとおじいちゃんもここでもしっかりと売っていたのだと思います。「え、こんなに稼いでいるんですか?」「そうや、わしは沢山稼いで沢山税金を納めるんや」
そう言って税金を納めているおじいさんはとても元気で輝いていたそうです。

ただ、そういった方は今はもういないそうです。
いなくなった原因は、マーケット感覚が不足していたこと、担い手がいなくなったこと、旬の里直売所がなくなったこと、と様々ですが、それがとても寂しく、悲しい状況だと萩原さんはいいます。
今も道の駅あわくらんど内に小さく村内の野菜売り場あるのですが、そこには僅かな種類と僅かな量の野菜しか置かれていません。

n-theme-9_05.jpg

「この状況をどうやったら変えられると思いますか?」という問いに、萩原さんは様々なアイディアを出してくれました。
村内で飲食業を営むローカルベンチャーと生産者をつなぐことで地産地消を推進する、その時その時の山の幸、農作物を販売・提供する「場所」をつくる、農業と福祉を掛け合わせることで独居のお年寄りを元気にする、などなど。
ただ、こういったアイディアがある一方で、そもそもどんな生産者がいて、どんな思いで農業をしていて、さらにどんなことがあればいいのかを徹底してヒアリングすることから始めたいという思いがあるそうです。村内の50の生産者にしっかりとしたヒアリングを行えば、そこに眠っている価値を見つけて、輝かせるはずだと。

n-theme-9_01.jpg

「やっぱり来ていただく方は、人が好きな人がいいですね。おじいちゃんやおばあちゃんと話すことが好きな人は更に嬉しいです。」という萩原さん。もちろん農業について「こんなふうに作って」とか「この辺の工夫をすればいいな」等もあればいいが、生産者の方々に寄り添えることは大前提で必要。
西粟倉村の状況をしっかりとヒアリングして把握して、かつ、全国のいろんな事例を西粟倉に導入するように研究する。そういうことが好きな人なら是非とも来てほしいです。

n-theme-9_04.jpg

こんな人に来てほしい!

  • おじいちゃんおばあちゃんのことを好きな人

  • 農業に興味がある人

 

こんなことしてほしい!

  • 西粟倉の特産品、新商品開

  • 現状の西粟倉の生産者リサーチ

  • 現状の西粟倉の販売施設についてのリサーチ

  • 西粟倉での生産者・販売者混合チームの組成

  • つくる人と使う人をつなぐ仕組みづくり