観光

村の人も、観光客も元気になる“軽トラ屋台村”をつくりたい!

4X9A0299.jpg

提案者:西粟倉村役場 産業観光課 白籏佳三さん

「百年の森林構想」を掲げ、林業の村として知られてきた西粟倉村。村にある道の駅には観光バスに乗った観光客がやってきますが、村内にはご飯屋さんや買い物ができる場所は少なく、そこから先に足を踏み入れる機会は残念ながら少ない状況です。また、地元の特産品は多くはなく、お店の営業時間が短かったりと、外からお金を落としてもらえる機会自体限られています。

そのような状況の中、「むしろ観光の目的地になるような、軽トラ市や屋台村を村内につくりたいんです」と産業観光課の白籏さんは語ります。「様々な分野で活躍する移住者が増えていますし、自宅で野菜をつくっていたりする地元民も出店できるといいと思います。高い自由度と最低限のルールがあって、出店者同士で切磋琢磨し、最初は儲からないかもしれないけれど、頑張った人のサービスや商品がだんだんと売れていく。テントを張るなど一から準備するのは大変ですが、軽トラに必要なものを乗せてきて終了したらそのまま帰るのであれば、出店しやすいと思います。村の人は軽トラを持ってますし、移住者の方にはぼくが軽トラを安く仕入れる方法を教えます!役場職員でなければ、自分で出店してみたいくらいなんですけどね(笑)。」

4X9A0265.jpg

西粟倉村は他の田舎と同様に、高齢化の進んでいる地域です。30-40代は子育てで忙しい。50‐60代が楽しくお小遣い稼ぎできる場にもなれば、年を取るのが楽しくなるし、村の雰囲気がもっと活気づくと白籏さんは考えています。接客する中でお客様との会話から新しいアイディアが生まれたり、村外の軽トラ市や屋台村を見に行って刺激を得たりするきっかけになるかもしれません。

「カレー屋や日本酒バーが定番であって、季節ごとに変わっていくお店や商品もあったら楽しいですよね。村内には夜にお酒が飲んだり、ご飯を食べられるお店が少ないですから、村内外の居酒屋難民・夜ご飯難民が集まる場所としても可能性があると思います。」そういきいきと語る白籏さんの表情からは、本当は自分もやってみたいことが伝わってきます。ゆくゆくは、道の駅から川沿いにずっと連なる「軽トラ屋台村」が村の名物となり、村内外の人々でにぎわうようになるかも。あなたも一緒に軽トラ屋台村プロジェクトに参画しませんか?

こんな人に来てほしい!

  • 企画プロデュースが好きな人

  • ぐいぐいとすぐに実行できる人

  • 愛嬌があって周囲を巻き込むことが得意な人

  • 人生における次のチャレンジのために、テストマーケティングがしたい人

  • 軽トラ屋台村を活用してお小遣い稼ぎをしたい人

こんなことしてほしい!

  • 軽トラ屋台村の企画運営

  • 軽トラ屋台村への出店

  • 他地域の軽トラ市や朝市、屋台村の情報収集

私ならこんな協力ができます!

  • 軽トラを安く仕入れる方法を教えます

  • 僕も老後の稼ぎの方法として考えたいので、ビジネスパートナーとして一緒に頑張りましょう!

「現代の坂根宿場町」をつくる。

n-theme-1_07-1625746942.jpg

提案者:西粟倉村役場 地方創生特任参事 兼務 産業観光課 課長 上山隆浩さん

地方創生推進班特任参事(兼務 産業観光課長)の上山隆浩さんは、役場職員でありながら出向して西粟倉村にある「道の駅あわくらんど」、「あわくら旬の里」、「国民宿舎あわくら荘」と温泉施設の「湯~とぴあ 黄金泉」という4施設の経営管理を合計15年ほどに渡り携わられてきました。これらの施設には今でも年間数十万人の人が訪れています。
その理由の一つは、兵庫と鳥取を結ぶ無料高速道路の丁度真ん中に西粟倉インターチェンジがあり、京都・大阪から智頭急行線の特急に乗れば2時間で村に来ることが出来ることにあります。

また、実は昔から人の往来が多かった西粟倉村。江戸時代に整備された、播磨国姫路を始点として、因幡国鳥取を繋ぐ因幡街道が村内を通っています。今は景観に名残は無いですが、当時は村内に「坂根宿」という宿場もありました。
西粟倉村に外から人を受入れることに寛容な気質を持つ方が多いのはこのような歴史的背景もあるのではと感じている上山さん。宿場が持つ人を楽しませ、繋ぐ機能を持ち、二度三度と村に足を運んでくれる思い出を贈ることのできる場所や仕組みを今の西粟倉で叶えたい。そのために、自身が前述の4施設に関わっているうちにやりきれなかったことがあると語ります。

n-theme-1_02.jpg
n-theme-1_04.jpg

西粟倉には、上山さんが出向されていた施設だけでなく、宿泊施設や飲食店がここ数年で立ち上がっています。
例えば、子どもも一緒に楽しく泊まれるあわくら温泉元湯、茅葺屋根の古民家を再生させたカフェと宿泊が出来る天徳寺、グローバルなお客様も多い軒下図書館、ジビエや野のものを使った拘りの食事が楽しめるフレル食堂。また、旧影石小学校には子ども帽子をメインとしたハンドメイドな帽子が売られているUKIYOや、丁寧に植物を使って染められて作られている服飾や小物が手に入るソメヤスズキ、木製のおもちゃ作家のmorinooto等の作家さんたちも集っています。

こういったお店に行くことを目指し村に来てくれる人は多いですが、そこに立ち寄るだけで去っていく人が多くいます。
これらを繋ぐような仕組みは今とても必要となっています。
「昔の坂根宿のような人が往来する拠点となる、そんな場所や仕組みを作りたいですね。坂根宿復活!みたいな。」そう語る上山さんの表情から、ワクワクが伝わってきます。

n-theme-1_03.jpg
n-theme-8_04-efb9cd07c5.jpg

また仕組みをつくるだけでなく、新たに立ち寄れる店舗づくりなどの事業に名乗りを挙げてもらうことも大歓迎です。「「あわくら旬の里」には空き店舗がいくつかあります。この空いてる店舗を遊ばせておくくらいであれば、村内セレクトショップをやって見るなど新しいことに使ってもらいたい。他にも、あまり管理がしきれていない公園もありますからそこを使って新たな場作りに挑戦してくれることもいいかもしれません。なんでもいいんですよ。そういうチャレンジの場に使ってもらいたいです。」

参考:昨年上山さんが出していた旬の里の活用の呼びかけをした記事
赤字施設なら、タダで貸した方がずっといい。村でお店をやりたいテナント募集

n-theme-1_05.jpg
n-theme-1_06.jpg
n-theme-1_01.jpg

「新しいことを試みる。それだけ。それをできる人が村には必要なんです!」上山さんはそう言います。西粟倉全体を俯瞰した観光をデザインする、もしくは施設を利用して新しいことをはじめたいという人がいれば、大歓迎です。西粟倉を舞台に、「観光」というテーマで一緒に研究してみませんか。

 

こんな人に来てほしい!

  • 企画を考えて、実行することが好きな人

  • 新しいことに挑戦することが好きな人

 

こんなことしてほしい!

  • 観光で成功している地域のリサーチ・報告

  • 村全体の観光を考えた企画・運営

  • 村が計画している「5050ステーション」の企画・アイデア出し・運営

  • 地域の農家さんと共同して新商品の開発

  • 西粟倉に昔あった野菜売り場を復活させて、村内や近隣地域商品の企画・販売

  • 空き店舗の活用

 

人の往来が、道をつくり、村をつくる。

n-theme-8_03.jpg

「人の周遊こそが、その地域の活力なんです」
そう話すのは、総務企画課の福井啓太さん。

福井さんはもともと西粟倉村出身です。進学で村を出た後も、帰省する度に故郷の荒廃を目にし、心を痛めていました。かつて多くの人が利用していた実家横の里道は、人が通らなくなったことで草が茂り、石垣は崩れ、本来の道ではなくなってしまいました。鹿害を防ぐため、道を塞ぐように張られた防護柵の向こう側は、道も農地も荒れ果て、もう人間の世界ではありません。
「人の移動がなくなると、その場所は死んでしまう」
そう危機感を感じた福井さんは、西粟倉村に帰り、この課題を解決するために役場へと入庁しました。

役場職員となった福井さんは、空き家改修の相談で訪問した、家主の住民の方からこんな声を聞きます。
「ここらへんは前まで賑やかだったけど、今は人が通ることも少ない。人の行き来はもちろんだけど、最近は車が通るのを見るだけでも嬉しいと感じる」
その切実な想いに触れ、自身の感じていた課題を解決することの重要性を再認識しました。

福井さんは、自家の荒れ果てた道の奥で畑を始めてみました。すると、あれだけ荒れ果てていた道が、道の形を取り戻してきたそうです。また、様々な企業がオフィスを構え活動することで活気を取り戻した廃校や、子どもたちが行き交うことで明るさを取り戻した道。人が行き交うことで、これまでは衰退していくだけだった村内の風景が少しずつ変わり始めています。

n-theme-8_04-efb9cd07c5.jpg

「人の往来が、道をつくり、地域を元気にしていく。」
福井さんは自身の体験や村で起こっている事象からも、改めてそう感じました。

また、こうした課題を解決していくためのヒントは存在しているとも福井さんは考えています。
西粟倉村の人口は、1500人程ですが、村を訪れる人数は道の駅だけでも年間数十万人と非常に多くなっています。
そして、人の往来に必要な「目的地」となるべき場所も多く点在しています。
例えば、歴史の深い寺社や遺跡、ヒメボタルの飛び交う森林や手付かずの原生林。最近では、カフェやゲストハウス等観光スポットも増えました。また、地区の活動で新しい公園の構想が誕生したり、芝桜や冬のスカイランタンといったイベントや、祭行事の復活なども起こってきています。

n-theme-8_02.jpg

こうしたスポットやイベントを周遊先とし、繋いで、巡らせる。
たとえば、レンタルサイクルの設置、村内をめぐるツアー企画、民泊先の用意、各地区の祭りへの参加など、点在していたヒト・モノ・コトを整理し繋げる。繋がった先がまた新たな周遊のポイントになる。周遊によって人の流れが生まれた場所には、例えば軒先でラムネや野菜を売ったり、観光案内のような小さなビジネスが自然と生まれることに繋がるかもしれない。

今それぞれで起き始めている小さなうねりが、人がめぐることで一つにまとまったら、それは大きなうねりになる。大きなうねりができたら、また小さなうねりが生まれ始める。
その先には、地域住民の笑顔が待っている。

「やっぱり、人が往来している地域は魅力的だと思います。一緒に周遊の仕組みや、人の往来する村をつくりませんか?」

n-theme-8_01.jpg

 

こんな人に来てほしい!

  • 人の往来に興味がある人

  • 事業化のアイディアを出せるような人

  • 村内の魅力の再発見を楽しみながらできる人

  • 地元住民が忘れているような魅力に気付ける人

  • 観光が好きな人

 

こんなことしてほしい!

  • 周遊の仕組みを考えて欲しい

  • 移動手段について成功している地域のリサーチ、研究、発信をしてほしい

  • 村内・村外テストツアーをしてほしい