お年寄りコニュニティをリデザインする。

n-theme-4_02.jpg

提案者:西粟倉村役場 保健福祉課 高木都子さん

気軽に集まれる楽しい場所があれば、お年寄りの方はもっともっと元気になれると思うんですよね。」そう話すのは保健福祉課の高木都子さん。
高木さんは、「元湯クラブ」「いきいきクラブ」「黄金泉」「よりみち」など高齢者が集まる場所をデザインしている。このような活動を行う背景には、ここ5年の高齢者の介護費用の増大に関する危機感があった。
一方で、「元湯クラブ」等へ参加している高齢者は、認知症の予防はもちろん介護が必要な状態になりにくいことをデータだけでなく実感としても強く感じている。
はじめは嫌々参加していた高齢者の方も上記のような場所で継続的に人と接し、コミュニティが形成されていくことで、みるみる元気になり、高齢者としての人生をより楽しむようになっているのがわかるといいます。

n-theme-4_04.jpg
n-theme-4_03.jpg

「福祉って本当はおもしろいんですよ!元気なお年寄りがいて、その人達が集まれるような場所を作る。そうしたらいままで一人でつまらなそうな顔をしていたお年寄りが、みるみる元気になって輝いていく。こんなに楽しいことってそうないと思います。」

西粟倉には、上記場所以外にもお年寄りが集まれるような場所はたくさんあります。たとえば、「あわくら旬の里」や「あわくら荘」にはまだまだ空きスペースがあり、そこをお年寄りが集まれるような場所にし、さらに若いお母さんや子どもも気楽に集まれるようにすることで素敵なコミュニティーをつくる。
ダンボール1箱分の野菜を持ち込んだら村の観光施設1日利用無料とするとか、お年寄りが安心して飲めるような 1day 居酒屋を開催する、などなどアイディアを持って、今の施設を有効に活用しつつ、お年寄りが気楽に集まれるような場所を作っていきたいと高木さんはイキイキと語られていました。
「ここがあって良かった。」「みんなと一緒で楽しい。」という声が上がるような場所が一つでも増えることを願っています。

n-theme-4_01.jpg

「こんなことを一緒にやってくれる人がいたら、本当にうれしいですね。一緒に色々考えて、実行していけたら幸せです」
高木さんは今日もその日を待っています。

こんな人に来てほしい!

  • おじいちゃん子、おばあちゃん子
  • 人の本来の力を引き出すのが好きな人
  • 楽しい場所が作りたい人
  • お年寄りと一緒に楽しみたい人
  • 気さくに話ができる人
  • 元気なお年寄りと遊休施設の掛け算の企画を考えたい人
  • ヘルパー 2 級の資格を取得したい人
  • コミュニティデザインを学びたい人

こんなことしてほしい!

  • 各地の「まだ元気なお年寄り」先進事例をレポート、報告
  • 高齢者の集まり場所のデザイン
  • 高齢者専用の 1day 居酒屋
  • 村内全老人会を回って、お年寄りと話してくる