日本初!関係人口つながりアプリ「西粟倉アプリ村民票」正式リリースのお知らせ

本日、西粟倉村と関係者をつなぐスマートフォン・アプリ「西粟倉アプリ村民票」をappstore、googleplayで正式にリリースしました。

アプリでは、 村の四季の移り変わりの様子、林業・農業やローカルベンチャーのトピックス、村内イベントなどをタイムリーにお届けします。

プレスリリース.png

■主な機能

①「西粟倉村アプリ村民票」ID機能:1 to 1のコミュニケーションが継続的に可能となりました。
・アンケート回答、年齢情報などに基づき、イベント案内がメールが届く

・ふるさと納税履歴、イベント参加履歴に基づき、施設優待利用などができる(ID提示)

・居住地域とボランティア協力履歴に基づき、ボランティア協力依頼がのメールが届く

②メニューの説明
アプリ村民 認定証/ニシアワ人(村内のユニークな人を紹介)/自然/村なう(村内で撮影した動画配信)/観光情報/イベント&予約/ふるさと納税/村の相談室(村での生活に関する相談窓口)/村づくり&仕事(求人募集、ボランティア募集情報)/メールマガジン

■「西粟倉アプリ村民票」アプリ紹介ページ  

URL>> https://24murainfo.com
アプリを通じて月2回程度、村のイベント案内や“自然にあふれる村の、楽しい、おいしい、でもちょっと大変な日常”などの情報を利用者に届けします。


■アプリ開発までのストーリー

西粟倉村の商業施設である「道の駅あわくらんど」には、年間40-45万人が訪れています。さらに、村の視察で年間約1000人(西粟倉村役場)、百年の森林構想の視察で年間約400人(共有の森ファンド)、起業家関連イベントで年間約300人と、多くの方に深く関わっていただいています。

ただ、これまでは、その関係性を維持し、深めていく有効なツールがありませでした。

せっかくできた接点。出会ったあとも、お互いの関係をもっと深めていけたら…

そんな想いから、村の様々な情報をリアルタイムで伝えられるID機能付きアプリの開発に乗り出しました。

移住者を示す「定住人口」や旅行者を示す「交流人口」とは違い、地域や地域の人々と多様に関わる人々のこと「関係人口」といいます(総務省HP( http://www.soumu.go.jp/kankeijinkou/)より) 。

自治体の情報提供アプリは存在していますが、関係人口作りにフォーカスしたアプリとしては、日本初の取り組みです。

アプリ導入図.png

西粟倉村は、2018年に村の新しいキャッチコピーを「生きるを楽しむ」と決めました。

村内での起業家支援だけでなく、都市に住みながら村に関わっていただくことで、持続可能で循環型の地域経済を創ることができると考えています。

西粟倉村は、自然豊かな環境が魅力な反面、決してアクセスが良いとは言えません。だからこそ、アプリを通じて、都会の方とも西粟倉村の自然を活用した“楽しさ、美味しさ、嬉しさ”を共有し、一緒に村づくりをする関係性を紡いでいけたらと考えています。


■今後の展開

今後は、新サービスの投入と他自治体との連携を視野に入れ、来年度中に1万人のファン(利用者)が集まることを目標としています。現在のコンテンツとサービスのブラッシュアップと拡充に加え、新しいサービスを随時提供して参ります。

《検討中のサービス例》

アプリ村民限定スペシャルツアー/アプリ村民限定商品などの提供


「都市と村を含めてひとつの里山」のような新しい経済圏を、一緒に創っていきませんか。

関係人口つながりアプリ「西粟倉村アプリ村民票」をどうぞ楽しんでください!

 →ダウンロードはこちら