お詫び: 二ホンウナギの放流試験を延期させて頂きます

エーゼロ株式会社(岡山県西粟倉村、代表取締役:牧大介)は、二ホンウナギの稚魚「シラスウナギ」の記録的な不漁を受け、養殖用に購入したシラスウナギの半数を6月8日(金)に放流する計画を発表しておりました。放流する稚魚は、耳石染色という手法で追跡モニタリングをする予定でした。

しかしながら、6月4日(月)に耳石染色用の試薬を溶かした水溶液に稚魚を投入したところ、6月5日(火)に全数が死亡している事が確認されました。

弊社は、人と二ホンウナギの持続可能な関係を再構築したい、資源保護を行いながらも成り立つ養鰻業のモデルを示したいとの思いで、稚魚の放流準備を進めておりました。文献や専門家のご意見も参考に準備を進めましたが、貴重な二ホンウナギの稚魚を約1,100尾も死亡させてしまいました。応援して下さっている皆様のご期待も裏切る事になってしまい、心より謝罪を申し上げます。

6月8日(金)の放流試験は延期とさせて頂きます。取材を予定して下さっていたメディア各社の皆様、大変申し訳ございません。

稚魚が死んでしまった原因は現在解明中です。試薬の濃度は通常通りでしたが、ストレス下にある稚魚に対して水の量が少なかった事が考えられる要因の一つです。

 今後の対応としましては、稚魚への負担が少ない耳石染色方法を検討した上で、養殖用に残しておいた稚魚約1,100尾の半数を活用し、6月20日(水)に放流を実施します。弊社の事業としては、大変厳しい状況になりますが、今回の試験が従来型の放流方法の改善につながり、二ホンウナギの資源が少しでも回復に向かう事を心より願っております。

 今後とも宜しくお願い致します。

 

■  現地取材
改めまして、下記の通り、放流現場のご案内と囲み取材の時間を設定させて頂きます。
【日時】2018年6月20日(水) 13:00~14:30 (12:50集合)
【集合場所】岡山県英田郡西粟倉村影石2050 あわくら温泉・元湯 駐車場
                 (鳥取空港より車で50分、JR姫路駅より車で75分、智頭急行線大原駅から車で10分)

 

《本件に関するお問い合わせ先》 エーゼロ株式会社:平澤 070-1226-1058