nishiawakura_map-2f58e53081.png
 

岡山県西粟倉村。

中山間地の小さな村でありながら、
さまざまな挑戦が生まれ、多くの起業家が集まり、多様な事業や人の生態系ができはじめています。

そんな土壌で、共にチャレンジするメンバーを募集します。

 

メインビジュアル.jpg
lvs_yellow-a4e4d5e5a2 2.png

好きなことで稼ぐこと。自分だから出来ること。
あの人を笑顔にすること。地域で稼ぐこと。
ずっと心にある事業アイデア。閉じ込めていた夢。
諦めていない想いを起点に事業を立ち上げる方を募集します。

その舞台となるのは岡山県の最北端の西粟倉村。
この村は合併の波が押し寄せても「村」であり続けることを諦めず、手入れができなくなり荒れてしまった森を諦めず、
田舎での起業を諦めず歩んできました。
そして今、森は手入れがされ光が差し込みホタルの飛び交う姿が見られ、外から人と仕事を呼び込みおよそ30の事業が立ち上がり、移住者は人口の約1割です。

可能性を諦めない力で前に進む西粟倉村で、あなたの諦めていないその想いを今、カタチ=事業にしませんか。

西粟倉ローカルベンチャースクール2018募集開始します。


lll_logo_bk-f842069ca0-1.png

ずっと続けてきたこと、温め続けてきたことがある。
このままでもいいかもしれないけれど、
どこかで他の道もあるんじゃないかと思っている。
仕事にできるか分からないけれど、ずっと好きなことがある。

その想い、興味、経験、スキルに今こそ向き合って
自分の生き方と生業(ナリワイ)について研究してみませんか?
もっと生きている感じのする、自分だけのナリワイづくり。

舞台は、人口1500人の村、岡山県西粟倉村。
「生きるを楽しむ人」を村に増やしたいという想いで、
1年間あなたの研究を全力でサポートします。

IMG_0539-2.jpg

Screen-Shot-2018-08-31-at-22.18.37.jpg
Screen Shot 2018-08-31 at 22.25.57.png

福祉や施設、病院などの枠組みの中で、もがいている方へ。
人口1500人の村、岡山県西粟倉村には、
65歳以上の高齢者が現在 526 名います。

人はいない。施設はない。病院もない。
でも、村のおじいちゃんおばあちゃん 526 名がどうすれば最期まで生きるを楽しみ、
最期までここに居られるかを真剣に考える役場と先輩たちがいます。

この村ならあなたの夢を実現できるかもしれません。
介護経験がない方も、強い想いとその手があれば大丈夫。
この1年間は「自分×地域福祉」の研究期間です。
より良い福祉の実現を目指して、共に一歩踏み出してみませんか?

 
 
 
n_about-ad1afdc8a1.png
 
Screen Shot 2018-06-02 at 13.19.25.jpg
 

寛容性と多様性が高まり、
価値創造へ繋がる地

西粟倉村は、姫路・鳥取をつなぐ因幡街道筋に面した中山間地だということもあり、
新しいものを受か入れる風土のある地域です。

また、2004 年から、ローカルベンチャーを掲げることにより地域住民の寛容性も高まってきています。
1500 人の小さな村でありながら、次々にビジネスとプレーヤーが集結するとともに、
同時に新たな可能性や役割も多く生まれています。