活動地域

エーゼロが主に活動している地域を紹介します。

岡山県西粟倉村

人口約1500人の村、岡山県西粟倉村。村の面積の95%を森林が占める同村は2004年、市町村合併せずに村として存続することを決めました。2007年より「百年の森林(もり)構想」を掲げ、森林との共生に向け歩んでいます。

姫路・鳥取をつなぐ因幡街道筋に面した中山間地ということもあり、新しいものを受け入れる風土があります。

次々にビジネスとプレーヤーが集結し、同時に新たな可能性や役割も多く生まれており、移住起業家が集まる村とも言われています。
エーゼロ は、この西粟倉に本社を構え、林業をはじめ、起業支援やうなぎ養殖事業に取り組んでいます。


北海道厚真町

150 年以上前、入植者が開拓し、深い森を伐り拓き、水田に置き換えながら形作ってきた町、北海道厚真町。札幌から車で約35分、人口約4600人。開拓民の歴史がある背景からも、移住者や挑戦を広く受け入れる風土があり、雄大な自然に寄り添って暮らす人々を起点とする文化も醸成され始めています。

また、農業が盛んで、冬の時期は雪が少なく過ごしやすい地域です。費用サポートのある子育て支援制度が充実し、暮らしやすい住環境の整備も進んでいます。エーゼロは、人を育て生かす文化を持つ町役場とともに、起業支援やふるさと納税拡大の事業などに取り組んでいます。


滋賀県高島市

琵琶湖の北西側に接し、その源となる豊かな水の湧き出る滋賀県高島市。人口約5万人。周辺の隣県との分水嶺にかけて広がる森林を基盤とする林業、山と湖に挟まれた平野で営まれる農業、そして琵琶湖の水産業が伝統的に受け継がれています。

特に、日本海側の湿気のある気候と豊富な水に育まれた発酵食文化や繊維工業などの地場産業が特徴的です。この自然と文化にあふれた素晴らしい環境に加え、京都や大阪にも短時間で移動できる便利な立地を活かして、地域経済を醸すエーゼロのチャレンジが始まっています。


岡山県新庄村

岡山県には2つの村があります。岡山県の北東の端にある西粟倉村と、北西の端にある新庄村です。新庄村は人口約1000人。

古くは出雲街道の宿場街「新庄宿」として栄えた美しい村では、森を生かし、森から仕事を生み出していくチャレンジが始まっています。

エーゼロは、新庄村の森林・林業振興に関するアドバイザー業務、林業に従事する地域おこし協力隊の募集支援業務などに取り組んでいます。