ローカルベンチャー支援事業

IMG_4834.jpg

ローカルベンチャ支援事業では、その人らしさを発揮するための手段として、地域で新しいビジネスを産みだす支援を行っています。行政(地域)と起業家をつないで、「課題≒可能性」を可視化し、その可能性を地域的に実践しています。そのままの地域では持て得なかった機能や空間を創造し、多様性と密度の経済を創り出しました。

  • ローカルベンチャースクール
    西粟倉村と厚真町で提供している移住×起業を促進するためのスクールプログラムです。
     
  • ローカルライフラボ
    西粟倉村の課題や可能性を入り口に、その人の仕事や暮らしを研究するプログラムです。
     
  • ローカルモーカル研究会
    地域や都会で、各分野の最先端で活躍する経営者をゲストに迎え、ビジネスの可能性を研究するトークイベントを西粟倉村と厚真町で開催しています。

事業開発

IMG_5164.jpg

事業開発部では、私達が西粟倉村と地域に深く関わり、変化を体験して中で得られた知識と経験を基に、各地域に即した新規事業の開発を中心に行っております。


建築・不動産関連事業

住宅内装4.jpg

地元産木材をふんだんに使用し、耐震性能や省エネ性能ともにコストパフォーマンスにも優秀な家づくりをはじめました。
大切な人たちと毎日を過ごす暮らしの空間だからこそ、居心地の良いを追求することも生き方や暮らし方の可能性が広がる自由な空間であってほしい。それで住まいの一部を自分でつくり、DIYが楽しめることも重視し、住まい手をサポートします。

また、宅地などの開発企画や用地取得、造成、管理など、不動産に関連する事業を通して、暮らしとなりわいの風景づくりをめざしています。


インキュベーション型地域商社事業

IMG_2619.JPG

地域のまだ知られていない数多くの可能性を見出し、価値を加えて収益を創出し、地域に還元していく地域商社事業の設立および運用を行っています。私たちは、人々が集い事業が孵化しやすい環境を整備することで、地域に還元していく地域商社を目指しています。


高島しこぶち事業所(建築不動産事業、農福連携事業)

33899701_178840979485130_2320423955032178688_n.jpg

高島しこぶち事業所(滋賀県高島市)では、高島の木材をふんだんに使用した、シンプルでローコストな「小さな木の家」を建築しています。里山集落の中で、地域の人と自然に溶け込む、穏やかで緩やかな暮らしを提案しています。オープンハウスも実施しています。

また、2018年9月に障がい福祉サービス就労継続支援B型事業所「ホトラ舎」を開所予定です(現在、指定申請手続き中)。「一人でも多くの人が自分本来の力を発揮できる場」となることを目指し、農業というフィールドの中で生産から加工、流通まで手がけ、利用者の方に幅広い仕事の選択肢を提供したいと考えています。「ホトラ舎」が人と人、人と自然をつなぐかけ橋となり、地域の経済循環を支える役割を担っていきたいと考えています。


自然資本事業

unagi_image6.JPG

森林、山、土壌、海、川、大気、そして人も含めた多様な生きものたち。私たちは、これらの自然からワクワクするような多様な価値を生み出していきます。地域の自然と、自然に関わるさまざまな人達をつなげ、生態系の大事な要素である「有機物、水、栄養分」に加えて地域経済を循環させる事で、持続可能で豊かな未来をつくりたいと考えています。